プロポリスの癌(がん)効果

プロポリス

プロポリスには高い抗酸化作用や免疫力を高める効果に加えて、癌細胞を増殖させない効果があることが認めれられています。

プロポリスTOP > 癌効果

プロポリスの癌効果

プロポリスは抗菌作用や細菌の繁殖を抑える働きがあることで知られていますが、癌細胞を増殖させない効果があることも認められています。

実際には、プロポリスの成分はまだ完全に解明されているわけではなく、癌に働いているのもどの成分が効果をもたらしているのか確定できないのが現状です。おそらく、カフェイン酸フェネルエステル、ケルセチン、クレロダン系ジテルペン、アルテピリンCなどの相乗効果によるものだと推測されています。

もともと、プロポリスはミツバチの巣を細菌などの外敵から守るための成分です。体内においても、癌細胞など体を攻撃する細胞を異物とみなして排除するような働きをしているのです。

臨床では医学的にもプロポリスの癌への効果が認められており、たいへん注目されています。

癌細胞だけに作用

癌の治療にはいくつか方法があります。手術や放射線療法、抗がん剤の使用など、癌の部位や程度によって治療法はさまざまですが、どの方法にもメリットやデメリットがあります。

例えば、手術は癌が点在している場合にはすべてを取り去ることはできませんし、放射線は癌細胞以外にも作用してしまう可能性があります。また抗がん剤の副作用は大変辛いものです。

プロポリスが注目されているのは、こうした従来の治療法のデメリットをほとんど感じることなく、癌細胞だけに作用するからです。もちろん薬ではありませんから、みるみる癌細胞がなくなるわけではありませんが、増殖を抑えながら免疫力を高めることで癌を徐々に弱らせていきます。

他の細胞に負担をかけずに、癌細胞だけに働きかけるという点は癌治療において画期的なことなのです。

体の治癒力をアップ

プロポリスの癌効果としては、癌細胞をどんどん攻撃して消滅させるというわけではありません。あくまでその増殖を押さえるのが中心です。

しかし、プロポリスには抗癌作用意外にも、さまざまな作用があります。発ガン物質である活性酸素を除去する抗酸化作用や免疫力の強化なども、癌への働きかけとしてはとても重要です。

抗がん剤のような副作用もなく、免疫力を上げて体の自然治癒力を上げることで、癌細胞だけを弱らせるのがプロポリスのメリットです。特にブラジル産のプロポリスは癌に効果があるとして知られています。

ただしプロポリスは医薬品ではありませんので、短期間で確実に効果がるわけではありませんし、すべての癌に効果があるわけではないということも忘れないようにしましょう。

ブラジルプロポリス

「いいものを安く」     世界No.1のブラジル産プロポリス専門店!
www.brazil-propolis.jp

赤水晶

ウルトラグリーンプロポリスとレスベラトロールのWポリフェノールパワー!
www.propolis-shop.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  プロポリスランキング※効能と副作用 All Rights Reserved.